みずほ銀行のオンラインシステム更新と税金納付

この連休中(2019/7/13,14,15)にみずほ銀行のATMなどオンラインシステムの更新が行われていた。今回は大丈夫かななどと思いつつ、銀行経由での介護保険料の納付に行ってきました。

フロアのお姉さんに誘導されてしまったのだが、結局、納期限が過ぎた全期分の受付はできないとのことで、「分納の方の用紙を持ってきてね。印鑑ありますか。」とのこと。え?、そうだ。前にも同様なことをやってしまったのを思い出した。雨の中、急いで逆方向の郵便局へ移動。郵便局の場合は、納期限を過ぎていても受けつけてもらえるのだ。

実は、松戸市の納付書には、「期限が過ぎた場合は、ゆうちょ銀行、郵便局及びコンビニエンスストアで納付できません。」と印刷してあるが、実際は、銀行は受け付けてくれないし誤植であるとブログにしたかっただけである。

振り込み対象にもよるがコンビニは抵抗感があるし、近くにある郵便局はありがたい存在である。

私も自宅に現金を置かない主義だが、将来、ATMすらなくなって、税金からすべて自動引き落しのキャッシュレスになり、預金してるだけで手数料を取られる未来社会になったらすでに銀行はなくなってると思っている。

この記事へのコメント