日本大空襲 松戸飛行場(松飛台)

今日は、終戦記念日も近いので話題をこちらにします。

 このブログの「金ヶ作史記」で旧陸軍松戸飛行場について触れたこともあり、そこの飛行第53戦隊に所属し、整備兵として帝都防衛に就いて敗戦を迎えた原田良次氏の著書「日本大空襲-本土制空基地隊員の日記-」を読んでいる。

 1973年に中央公論社から中央新書として日本大空襲(上)・(下)が出版されたが、現在は、合冊されて2019年7月にちくま書房から出版されている。

その記述の中に
「5月8日 薄曇 風つよし。
1135 P51 60機は千葉、茨城周辺の飛行場を攻撃。わが基地にも数機来襲。当隊も本土決戦までの機体温存の方針から、実動機は飛行場から遠く森や林の中に掩蔽してある。今日の敵小型機は、基地北端上空を、わがもの顔に悠々と低空飛行していたのには驚いた。この空にわが邀撃機一機もなし。」との記述がある。

 記述と敗戦後の写真の位置関係から考えると、五香善光寺側の森や林の方に機体と身を隠したように思われる。松戸飛行場のその北端上空(五香十字路周辺)を執拗に偵察旋回飛行していたようにも思える。

 なお、記述によると防空壕も対空火砲もなく兵隊が寝る地下壕があっただけだそうである。

 わたしは戦後生まれである。幼少期、親が拾ったものだろうか変なものがあって遊んだ記憶があるが、いまに思えば薬きょうであった。飛行場の周辺は流れ弾もあって危険であったろう。興味や関係(きっかけか?)がない若い方々にとっては、この本は記録であって理解していくのはわたし以上に難しかろう。

 当時の状況が、今の新型コロナウィルス渦における施策と被るものがあるが、言論の自由がなかった当時に比べれば幸いである。国政を預かる者は、言い訳ではなく希望を与えて欲しいものである。

kanegasaku.w1.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント