松戸市岩瀬の古地名

松戸市の広報誌
 「広報まつど」No.1675 7/1 のコラム"松戸の歴史解説"で、小野遺跡(奈良・平安時代)の話が載っていた。下総国府との関わりで岩瀬の古地名が石世(いわせ)とか?
 以前、「紙敷」も昔は神聖な役割を担っていたのではないかという平川南先生からの「かも知れない話」で調べてみたことがあるが、地名由来の記録はなかった*1。こちらも何か発見されないかなぁと願う。

1* 憶測で思い浮かぶ漢字音は、神織(かみしき)や神式(かみしき)とか考えてしまう。平将門の上屋敷跡に由来するというような憶測もあるが、私たちは、記録と時代考証と冗長性を踏まえて推測を楽しまなければならないと考える。その上での指摘や金ヶ作歴史同好会への参加は大歓迎である。