鮮魚街道 五香十字路界隈の空中写真(御立場発見)

 この写真は、国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」より提供してもらった1947年(昭和22年)の進駐米軍による五香十字路界隈の航空写真です。

kanegasaku.w1.jpg
 今は、わずかに残っているだけの野馬除土手ですが、
 この写真では、野馬除土手沿いに続く旧道(鮮魚街道)がよくわかります。陸軍鉄道第二連隊の演習線が松戸飛行場跡まで引き込まれている痕跡や無蓋掩体壕*1の痕跡も散見できます。
 注目すべきは赤い円の部分。広い範囲を整地したような場所です。ここが戦時中に整地されて消えてしまった将軍お鹿狩りの御立場があった痕跡に思えるのですが、いかがでしょうか。いろいろな方からの聞き取りで御立場の位置は想定されていましたが、物証として進駐米軍の空撮写真に写し込まれていたのは発見です。本当に小山であったと思えます。

1. 敵の攻撃から守るためのかまぼこ型の施設を掩体壕(えんたいごう)または掩蔽壕(えんぺいごう)ともいうが、爆風を避ける土堤のみの無蓋掩体壕もある。旧松戸飛行場(逓信省中央航空機乗員養成所)につくられたのは無蓋掩体壕のように見える。ひとつでも残していれば、指定文化財(史跡)になったかも知れない。