テーマ:茶房ChoshiYa

やわらかな春の日差しの日曜日

新型コロナウィルスの感染拡大で、3/23のみらいフェスタ2019も中止。 ここコミュニティカフェChoshiYaも自粛ぎみですが、やわらかな春の日差しの日曜日。せっかくなのでここで静かにランチです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松戸市みらいフェスタ2019に遊びに行こう。

3月23日(土曜日)10:30-15:30 JR松戸駅周辺で開催される「みらいフェスタ2019」に、コミカフェChoshiYaをホームにしている市民活動登録団体「ほっとする街を考える会kinari」が参加します。割当場所は、JR松戸駅東口側のプラーレ松戸6F会場。 kinariさんは、ほっとステーション&アロマハンドセラピーをするそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まつどみらい会議2018

2018年12月2日(日)、まつど市民活動サポートセンター主催の「まつどみらい会議」が開催された。松戸を手づくりで面白くしよう!ということで、松戸市内の市民団体が参加してのイベントである。そこに「ほっとする街を考える会kinari(市民活動登録団体)」の妻が、壁ぎわトークというポスターセッションに参加。そのポスターづくりを下請けさせられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュニティカフェChoshiYaについて

とにかく、地域ローカルで縁側的な場所がないからと地味に始めたコミュニティカフェChoshiYa。 昨年5月にはじめて1年3ヵ月が過ぎましたが、特定非営利活動法人まつど N P O協議会の会員交流会にご利用いただきました。場所が狭いので恐縮でしたが、松戸市内の市民活動の代表が集まって賑やかに交流いただけました。皆さん、子育て、高齢、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地域交流の場コミカフェChoshiYaも一年が過ぎました。

地域交流の場としてはじめたコミュニティカフェChoshiYaも一年過ぎました。味噌づくり教室やシニア世代活き活き地域資源マップづくりなどに利用されています。 自宅庭にあった山椒の実で、つくってもらった佃煮はとても美味しかったです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュニティカフェChoshiYaの提供開始

ご挨拶 地域の縁側、お茶のみ場になればとコミュニティカフェChoshiYaをオープンしました。アパートの一室を提供する形態ですが、主に地域の市民活動向けにレンタルシェアします。 現在は、土・日曜日の10時から16時の間、市民団体ほっとする街を考える会が「ほっとカフェkinari」が開店しています。社会福祉士が無料相談も行って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュニティカフェの報告

ご報告 コミュニティカフェ茶房ChoshiYaをつくる計画ですが、無駄に時間が経ってしまったので結論を出すことにしました。 当初の建て替え計画は断念して、既存のアパートの空室を利用した「コミュニティカフェChoshiYa」としてスタートすることにします。 おやこカフェ幕張や幕張えほん図書館などで実績のある方にご協力をい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本の虫干し

お願いしていた大学図書館から廃棄図書をいただきました。バレンタインデーの午前中に到着。準備中のコミニティカフェに置きたいと考えてます。 ご存知ないと思いますが、痛んだ本や古くて重複した本などは捨てられます。学内で拾われ、一般に降りてくるのは最後の最後になりますが、私のところで受け入れた書籍さん達です。本達の第二の人生(本生?)です…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ほっとする街を考える会 Kinari が動き出しています。

「いまどきのお節介を考える」ということで、おせっかいし隊と銘打ったセミナーが開催されています。隊員養成講座ですね。 第2回 2月4日(土) コミュニケーションを学ぶ講座  NPO法人子どもの環境を守る会「Jワールド」理事長 三浦輝江氏 第3回 3月18日(土) 嫌がられないおせっかいを考える  まちと暮らすシェアハウス「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュニティ・カフェ「茶房ChoshiYa」

妻が申請した認知症カフェ開設助成金の申請の方は、残念ながら落選しました。応募がたいへん多いそうです。 コミュニティ・カフェへの建て替えの方も、あいかわらず、資金の目処が立ちません。チャンスを逃すと尾を引きますね。現在、用地に古井戸があったり、古木のモミジが枯れてきて危ないので、立入禁止の看板を立てています。 正面が空き地状態…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

コミュニティ・カフェ「茶房ChoshiYa」

 まだ諦めずに、地域密着型のコミュニティ・カフェを考えています。  ハードウェア担当の私の場合は、これがなかなかに難しい。原因は、用途変更できない古アパートを建て替えようとしているからです。普通は、古民家や空き部屋・空き蔵を再利用して、初期投資をかけずにスタートさせることが一般的です。  不動産の司法手続きの遅れや、開発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老後の孤独を思う

 10月10日(体育の日)、用事を済ませて駐車場に向かって歩いていた15:30頃。松戸市常盤平駅南口(常盤平団地側)近くの閉じているカラオケ喫茶「星に願いを」の玄関にへたりこんでいる高齢の女性。動作が変なので声をかけるが、大丈夫だという。会話から認知症を疑う。一旦、離れるが気になり、戻りつつ、この場合、下手に介助したりするのはマズいと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュニティ・カフェ「茶房ChoshiYa」

 広報まつど(2016/7/15、No.1549)に松戸市市民交流会館(新松戸7-192-1、他)が、8月オープンという記事が載っていました。文化施設だけじゃなく、体育館や屋外運動場もある複合施設です。この地域にとっては、ありがたいことです。  http://www.city.matsudo.chiba.jp/shisei/matsu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュニティ・カフェ「茶房ChoshiYa」

地域密着型のコミュニティ・カフェ「茶房ChoshiYa」企画案  延床面積 142.56㎡、建築面積 144.18㎡  座席数(セミナー室 30名、茶房 12名)  イントロダクション:  生活を営んでいるここは、縦割り行政で生きているのではありません。寝に帰るだけのベットタウンでもありません。地元商店や農家、子育て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こちらの地元も冷えてます。春よ来い。

 少子化に加えて超高齢社会になってしまった日本。財政も社会の仕組みも変化が必要なのだが、一億総活躍とかいわれてもなにか一億総火の玉に聞こえてしまう。経済状況も世界情勢もなにか変。商店会等も含め、若者や子育て世代、働く世代には元気であって欲しいものです。  地域包括とか地域活性化とかいっても所詮縦割り行政、縦割り予算のバラ撒きで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防災の日

本日は、防災の日。各地で防災訓練が実施されています。 あわせて、奥様には優しく接しましょう。 とんだ災害が家庭内で起きるともかぎりません。自分で巻いた種にならないよう、日頃から意識して注意を怠らないようしておくのが肝要です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more