ニュースレター「自然観察だより」

三吉の森、立切の森を活動拠点としている三樹の会から、毎月3度ほど、ニュースレター「自然観察だより」が送られてきます。四季ごとの樹木の様子、野鳥、草花や昆虫などをその季節とともに紹介しています。写真も解説もすばらしい。まさに金ヶ作の自然を紹介する歳時記にピッタリの内容なのですが、このブログ「ChoshiYaの金ヶ作歳時記」で紹介できないのは残念です。私有地内ということもありますが、広報をしてしまうと色々な人がやってきて踏み荒らされるリスクが大きいのです。都市部の自然を保存する宿命ともいえます。なので、活動日や公開日などがありますので、三樹の会が開催するイベントの日にだけ参加するようにしましょう。コミュニティカフェChoshiYaには「自然観察だより」を置いてありますので、自然を守る活動の趣旨をご理解いただき、ご覧いただくことができます。

DSC03452.jpg

お稲荷さんと芝桜

例年ならば観光地や河口湖方面で芝桜きれいねとかやるんですが、新型コロナウィルス渦でのんびりと旅行なんて状況にはなく、今日は天気も良いし、うちの芝桜が満開になった超ローカル写真を提供します。一応、お話をすれば、我が家の屋敷稲荷っぽくなってしまいましたが、天保時代の建立。このあたりは野火が多かったが、この稲荷の前で鎮火したと言い伝えがあります。

DSC06900.jpg

フェイクニュースは恐ろしい

NHK でフェイクニュースを題材に取り上げている。いろいろな意見がでそうな題材にあえて放送企画したところにメディアとしての危機感があるのかも知れない。ネット社会である。情報操作も日常的に行われるが、プロパガンダにデマもAIによってあたかも真実のように拡散されるのは恐ろしい。福田村事件(現野田市)、関東大震災直後に行商にきた子供と妊婦を含む9人を虐殺した事件も根っこは同じといえる。

将軍お鹿狩りと金ヶ作村の庚申塔(その2)

弘化4年に疫病が流行ったのか、旧金ヶ作村の北と南の出入口に庚申塔が建てられた。その北側の庚申塔の脇には、力石(ちからいし)が2、3個置いてあったそうだ。それが、近現代の道の拡幅工事で散逸してしまった。その行方を追っているのだが、写真は、現金ヶ作町会長の小嶋邸にある出所不明の謎の石(37×28cm)である。多分、その一体と思われる。

DSC06880.jpg

外出自粛、恵みの雪か?

春分の日が過ぎて「暑さ寒さも彼岸まで」とはいいながら、すごく寒い。2020年オリンンピックをも来年に吹き飛ばすウィルスの嵐。これで地震でもきたら令和最悪。

DSC06876.jpg
新型コロナウィルス、千葉県の感染は今日125人になって神奈川県を越した。いまは我慢でも、飛沫感染、接触感染に対処するためにせめてマスクとアルコール消毒液が出まわってくれないと何もできない。買い占め不埒

金柑酒づくり

金柑の差し入れがありましたので、さっそく金柑酒づくりです。
レシピ
基本的に梅酒づくりと同じです。

<材料>
・金柑 1,177g ご提供いただきました。
・氷砂糖 300g
・果実酒用ホワイトリカー アルコール度35%、1.8ℓ
・保存容器 4ℓ容器

<作り方のポイント>
新型コロナウィルスの除菌対策と似たようなものです。良く殺菌と手洗いをしてからアルコールと糖分で漬けこみましょう。
1. 保存容器は、割れないように注意して熱湯消毒で殺菌しておきましよう。
2. 金柑のなり口のホシ(軸)を取り除きます。
3. 痛みそうな実は除きましょう。
4. 実を良く洗ってからキッチンペーパーなどで水気を充分に拭きとります。
5. 漬け込む容器に皮はむかずに実と氷砂糖を入れ、果実酒用ホワイトリカーを加えればできあがり。

1ヶ月程度で飲めるようになり、3ヶ月程度まで熟成させると特有の甘みがでます。保管状態にもよりますが、漬け込みすぎないように注意しましょう。金柑の効能も期待して楽しみができました。

DSC06870.jpg